トリキュラーの値段

トリキュラーを手に入れる方法としては病院やクリニックなどに通院して処方してもらう方法、クリニックのホームページからオンラインで処方してもらう、個人輸入を利用して購入する方法があり、いずれも値段が変わってきます。
一方でトリキュラーには、21錠タイプと28錠タイプがありますが、効果に違いはなく休薬期間後の再開をスムーズに行うことを目的に成分の入っていない錠剤が7錠プラスされているだけです。
毎日服用の習慣を付けることで高い避妊効果を得ることができます。
このため21錠タイプも28タイプも値段もそれほど変わりませんし、副作用が出た場合の違いもありません。

トリキュラーの値段は他のピルと比べて安価で病院やクリニックでも1シート1,500円から2,300円となっています。
しかし、病院やクリニックの場合には診察費として初診料・再診料・指導料・検査料などが必要になってくるので毎月5,000円程度は負担になります。
一方でオンライン処方も同様に診察費が発生するため、クリニックとの値段の違いはありませんが、クリニックに行かなくても手に入れることができるメリットがあります。
クリニックでの処方のメリットは医師が診察し指導のもとに服用し、また定期検査も行うので安全なことですが、費用負担が大きいためトリキュラー自体の値段以上に費用がかかります。

一方で個人輸入をした場合には1シート1,200円程度で購入することができます。
値段から見ると国内のクリニックで処方してもらうのとそれほど差はありません。
しかし、診察費が発生しないため費用を抑えることができますし、クリニックに行く必要がないので、時間に縛られずに注文することができます。
特に日中仕事をしていればクリニックに行く時間を確保するのが難しいことも多く、この点でも個人輸入の方がメリットがあります。
またまとめ買いや定期購入すると値引きされることがあるので、かなり費用を抑えて購入することができます。

トリキュラーの種類と効果

トリキュラーには、錠剤全てに有効成分が配合されている21錠タイプと、有効成分が含まれていない錠剤が7錠入っている28錠タイプの2種類があります。

21錠タイプの「トリキュラー21」は赤褐色6錠・白色5錠・淡黄褐色10錠という構成になっています。
21日連続で1シートを飲み終えたら7日間は薬を飲むのを休み、次のシートの1日目から再度飲み始めて21日間継続して飲むというサイクルで服用します。
薬を服用しない7日間(休薬期間)の間に見かけの月経が訪れるというわけです。

一方の28錠タイプの「トリキュラー28」は赤褐色6錠・白色5錠・淡黄褐色10錠・白色7錠という構成になっています。
トリキュラー21と同様の21錠の錠剤に加えて、薬の成分が配合されていない白色の偽薬(プラセボ錠)が7錠入っています。
7錠分の白色のものには有効成分が含まれていませんので、28日間飲み続けても7日分の休薬はしっかりと取れていることになり、トリキュラー21と同様の効果が得られるのです。

トリキュラー28は、28日間連続で1シートを飲み終えたらそのまま次のシートの1日目から再度飲み始めることになります。
そのため、休薬期間中も継続して錠剤を飲むことになるので、初心者や飲み続けないと不安という人におすすめです。

また、初めてトリキュラーを服用する場合や休んでいた服用を再開させる場合には、月経初日に新しいシートの1錠目から飲み始めることが重要となります。
月経初日からシートの最初から服用することで、しっかりと避妊効果が期待できます。
もしも初日に1錠目を飲むことができなかった場合でも、トリキュラーの服用7日目から避妊効果が現れるので心配ありません。
どちらのタイプも効果や副作用に違いはありませんので、自分の好みで選ぶことができます。

関連記事